ご利用ガイド

● 学術著作権協会について

学術著作権協会(以下「JAC」といいます)は、日本工学会・日本歯科医学会・日本農学会・日本薬学会・日本医学会の5つの社員団体から構成される、理事会設置一般社団法人です。
JACは、文化庁登録の著作権等管理事業者(著作権等管理事業者 登録 第02004号)であり、世界複製権機構(International Federation of Reproduction Rights Organization)の正会員です。国内は主に学術団体、海外は双務協定を締結する国々の知的財産である著作権の集中管理を行なっており、著作物の複製等の利用に関する許諾業務を行っております。
詳しくは協会ウェブサイト(https://www.jaacc.org/)をご覧ください。

● JAC複製利用許諾システムとは

JACが複製権等を管理している著作物*について、著作物情報の検索および複製等の許諾申請をしていただけるシステムです。(文献をダウンロードすることはできません。)
*国内の約900の学協会・大学・研究機関等に加え、双務協定を結ぶ海外32の国・地域の著作権等管理団体を通じて、約370万タイトルについて複製の許諾をすることが可能です。

● ご利用いただけるサービス

<著作物情報の検索>

JACが管理する約370万タイトルの著作物情報および複製使用料を検索いただけます。

<著作物の複製等の利用許諾申請>

JACが管理する著作物を複製等により利用する際の許諾申請が可能です。
許諾申請する際には、以下のサービスを用意しております。

個別申請サービス・・・・・・・・・・利用の都度、事前に許諾申請いただくサービスです。
包括申請サービス(全量報告型)・・・一定期間の利用をまとめて、事後に許諾申請いただくサービスです。ご利用には事前に契約書の取り交わしが必要です。
包括申請サービス(実態調査型)・・・利用実態調査を一定期間実施し、その結果をもとに一年間の利用を許諾申請いただくサービスです。ご利用には事前に契約書の取り交わしが必要です。

詳しくは当協会ウェブサイト「利用者向け」ページ(https://www.jaacc.org/for-users/)をご参照ください。